Solo show and On Bornholm



















また大分間があいてしまいました。
久しぶりの投稿です。

さて、今私はデンマークのボーンホルム島という島にいます。
二年ぶりの個展を終え、バタバタと出国となりました。デンマークに来る前にクロアチアにも一週間ほど行ってました。これは完全に休暇として。笑 クロアチアの事は時間があればまた今度載せたいと思います。
今回は個展、ボーンホルムでの最初の出来事について書いて行こうと思います。




Hello!
I did not post the blog for a long time.

Any way I am on Bornholm in Denmark now.
My solo show in Tokyo which had not been held since 2.5 years ago finished last month.  I was so busy....And I left Japan. I went to Croatia for holiday for a week before came hear. If I have time, I post about it.
In this time, I am going to write about Solo show and the first experience on Bornholm.











まず、個展について。
この個展は自分にとってとても重要な展示となりました。というのも、二年半ほど作品を発表する場から離れ、いわば人生のリスタートをしてから初めての個展でした。
前にも書きましたが、海外での生活は右も左もわからず言葉も通じない、まるで子供に戻ったかの様な状態からのスタートでした。そこからの再構築。やっとまた社会人に戻った様でした。
このプロセスはとても僕にとっては重要で、特にテンパり癖のある自分を落ち着いて進められる人に成長させるためのリスタートだったわけです。今もなお、そのプロセスの途中です。


First of all, I would like to write about my solo exhibition.
The exhibition was important for me. Because I had not shown my pieces since 2.5 years ago. So it was a first exhibition from restarting of my life.
I was like people who returned to child at the beginning of my journey. On the other hand, It was like to restart of my life. Because I didn't realize anything and also English when I started staying in foreign countries. 
I usually upset me easily. So the process was important and necessary for me. I want to be more calm, when I do new experiments and I work. The process is going now. 









個展の内容は、新しく得た技術をメインにデンマークで受けた刺激、特に海や空の色に着目して制作された作品の展示でした。形はとりわけシンプルに。形に対する遊び心はあまり重要視していなく、やはり技術技術という展示でした。模様が複雑な作品たちだったので形はシンプルでよかったのですが、本当に自分の世界観をふんだんに出すのはこれからだと思います。遊び心こそ次のステップなのだと思います。

また、コンスタントに同じ場所で展示をしていく大切さも学びました。作品が自分の手を離れて他人の元へ行かない限りには、作家活動は続けていけません。そのためにもコンスタントにファンを作っていく事は大変重要な事だと気づきました。


The theme of the show was new techniques and colors of sky, sea and light from nature which came from to have been stayed in Denmark last year. The shape is simple and the pattern is complicated. Clean, unique and organic shape used to be my important theme. in the next time I would like to try to mix the color and the shape. I think this is my world.

And I learned that it was important to keep showing my works at the same place ant same season every year. Because artists can not continue to make if our pieces stay their work shop. That's why, it is important for me to increase my fan.





















そして、三度目のデンマークでの滞在となりました。
なぜ私はまたデンマークにいるかというとRoyal Danish Academy of Fine art on Bornholm(通称KADK)にアーティスト・イン・レジデンスとして滞在しています。これは、招待学生のような形で学校に滞在し、自分のプロジェクトを学校の機材を自由に使い進められるという夢のような制度です。
欧米ではこのアーティスト・イン・レジデンスはよく見られますが、日本では残念ながらあまり浸透していません。


And this time is 3rd time to stay in Denmark.
I am staying as an artist in residence at Royal Danish Academy of Fine Art on Bornholm (Design school of Bornholm, KADK). This is like an invited student. You can do your own projects with using almost equipments. This is like dream system I think. But the artist in residence is not popular in Japan.












ボーンホルムでの滞在が始まってから興味深い出来事がありました。
毎日自由にガラスが吹ける制作できる時間と環境を得て、新天地に不安と期待を感じながらも興奮し作業場に入りました。
一人で真剣にガラスを吹いていると後ろから誰かが何か僕に叫んでいます。振り向くとそこにはガラス工房を管理しているウファというスキンヘッドで長い髭をもつおじさんがいました。そして、


「Taka! スマイル!! Taka! スマイル!」


彼はしきりにいうのです。
「ん?そんなに厳しい顔してたかな。。。」
そして、他の人にも同じ様な事を言われました。彼女は僕と同じくアーティスト・イン・レジデンスで滞在しているカナダ人のブリアナ(通称ブリー)です。彼女はまだ22歳にもかかわらず、アメリカなどで得たたくさんの経験値と技術力と発想力を持っています。滞在中は毎日一緒に作業をしています。
僕に向かって

「どうしてそんなに険しい表情をしているの?吹きガラスはそもそも楽しいことでしょ?やらなきゃいけない事じゃない!吹きガラスが楽しくなければ私はこんなにのめり込まない!リラックス! Have fun!!!!!」



I have already had a interesting happening at the beginning of staying.
I was very exited to be able to blow every day even thought I felt hopes and fears.
When I blew the glass alone earnestly, a man shouted to me behind me. He was Uffe who control the studio. 


Taka!!!! Smile!!!!   Taka!!!!! Smile!!!!!


I wondered was my face such a serious??
And another parson also said to me same things. She is Brianna called Bri. She is another artist in residence, and she has already had a lot of experiences, skills and ideas although she is 22 years old. I normally work with her.
Any way she said



Why your face is so serious? Blowing glass is very fun, right? If it is not fun, I don't do that! Just calm down and Have fun!!!!!














正直衝撃を受けました。今まで一応ガラスを仕事としてやってきました。何度もピリピリした厳しい現場で怒鳴られ怒られてきました。続ける事の難しさも感じてきました。ガラスをやる事は楽しいが、何かもっと人生を修行と捉え、その手段にガラスをしているという認識で続けてきました。それも理由の一つとして海外にも出てきました。これが全て間違いだったとは思いません。しかし、一番最初に感じていた何でモノ作りをするのか?を知らず知らずのうちに忘れてしまっていた様です。



「Have fun!!!!!」



これです!大切なのは!!




Actually that gave me shock. I have been working as glass artist or blower for about 10 years. I have been reprimanded a lots at the serious working place for a long time, of course I got fun as well.  I have been feeling it is difficult to continue glass artist. Glass artist is very fun. But I have been feeling more that the life is like a religious austerities and to do glass artist is one of means. That's why I came over sea.

I don't think everything is mistake. But I forget a first reason that when I younger  started to make a piece. The happening remind me a pure reason.



Have fun!!!!!!!



How important!!!!!
The staying in this time must be fantastic! And I can make my pieces purely here. So I believe that these experiences in this time connect to my future.





Smile!!!!!
Have fun!!!!!!!











この滞在はきっと素晴らしいものになると思います。純粋に作品と向き合う事のできる大切な時間を楽しく有意義に過ごして行きたいです。それが次に繋がるのだと信じています。




Smile!!!!!
Have fun!!!!!!!







After staying Denmark





new experiment 2017






またしても前回の投稿から時間があいてしまいました。
日本に帰ってきてから3ヶ月ほど経ちました。随分と日本に慣れてきました。笑
というのは冗談ではなく、これは良い意味でも悪い意味でも。
日本人の対人関係や日本の街やあげるとたくさんになってしまいますが。
今回は
①先日参加した展示会、デンマークの色について
②今の考え
について書いて行こうかなと思います。


It has been long time since I updated last time.
I backed to Japan 3 months ago. I am getting use to spend time in Japan.haha
I feel good things and also bad things of Japan. For example they are constructions, Japanese communication, working style and politics etc...

I will write two topics in this time.
1, About recent exhibition and Danish color
2, About my current thinking 




















さて、最近はまずデンマークでの経験を形としてできるだけ時間を置かずにあらわしたいと思い動いています。ここ3ヶ月間はあづみ野ガラス工房へ助っ人として頻繁に出入りし、工房の仕事と並行して制作もさせて頂きました。また、デンマーク滞在中から声をかけて頂いておりました石井逸郎氏の主催する展示会につい先日まで参加させて頂きました。今後は8月末もしくは7月末に青山にあるスペースユイにて個展を予定しております。
あづみ野ガラス工房の若いスタッフ、石井逸郎氏、CRESTIPSのスタッフの方々、スペースユイ、来場してくださった方々に大変感謝いたします。


Currently and recently I would like to make my pieces are influence from my Danish experiences as soon as possible. I often had been at Azumino glass studio in Nagano where I belonged before to help for young staff and also to make my pieces since January. And I joined the exhibition which is held by Toshiro Ishii who  used to work at Royal Copenhagen for a long time as an expert of painting. I am going to open solo exhibition at Space Yui in Tokyo in August.

I appreciate for young staffs of Azumino glass studio, Mr Toshiro Ishii, Space Yui, people who came to the exhibition and staffs of CRESTIPS.






Azumino glass studio in Nagano



SCANTIPS EXHIBITION 2017





「HARMONY 15th SCANTIPS EXHIBITION 2017」に参加しました。磁器に絵付けを施す教室であるCRESTIPSの代表をされている石井逸郎氏の主催する展示会です。石井氏はデンマークのロイヤルコペンハーゲンにてフローダニカシリーズなどの絵付けを長い事されていた方です。3年ほど前にスペースユイのオーナー木村さんの紹介で知り合いました。

今回の展示会は絵付けの作品だけでなく、金工、磁器、絵画、テキスタイル、フラワーコーディネイト、ガラスと多種多様なとてもハイクオリティな作品が集まり、スカンジナビアの雰囲気をテーマに開催されました。

会場内は公園を散歩し木漏れ日を感じられるような雰囲気で構成されており、爽やかな空気を感じられます。ここで私が着目した点は、スカンジナビアの色です。


I joined the exhibition called "HARMONY 15th SCANTIPS EXHIBITION 2017" in Tokyo couple days ago. The owner of Space Yui is Kimura-san connected me to Ishii-san.

In this exhibition is not only painting but also metal works, ceramics, painting on the paper, flower coordinate, textile and glass. They are high quality. And you can feel atmosphere of Scandinavian, and can feel the soft wind and soft sunshine like walking a park.

I am interested in the color.






SCANTIPS EXHIBITION 2017





SCANTIPS EXHIBITION 2017





スカンジナビアというよりは実体験から言うとデンマークの色。
たくさんの色は使われているのですが、強烈な色はありません。
強い色をスッと抜いたような色み。
デンマークの滞在中にも感じたのですが、街や丘、海や海岸線、畑を照らす日の光は柔らかく、人の目に入ってくる光景を優しく包んでいるような感覚。
これは例えばオーストラリアの日の光は全く反対で、強烈に物や人を照らし、コントラストのはっきりとした光景を私たちに見せます。
つまり、デンマークの色味は中間色がたくさんあるのです。

この中間色はダイレクトに主張するのではなくワンクッション置いて人の目に入ってくる、言い換えれば誰にもわかりやすく強烈なインパクトを与えるのではなく、もっと自然に染み込んでいくような感覚を与えます。



According to my real experiences in Denmark I would like to say about Danish color instead of Scandinavian.
Danish design generally use a lot of colors. But they are not strong colors. Danish sunshine which light town, hill, ocean, coast and farm etc.... is very soft and the view is covered with the sunshine softly.

On the other hand, Danish color is opposite from Australian color which is very bright. So Danish color is neutral color.






SCANTIPS EXHIBITION 2017





日本の光は少しデンマークで感じた光に似ている気がします。
しかし、より中間色が多いような気がします。湿気を含んだ空気がその様に見せているのかもしれません。

今回参加されていた金工作家のKotomi Lemi Yodaさんの銀製の酒器でお酒を頂く機会がありました。彼女の酒器は日本酒の雑味を取り除き旨味だけを抽出した様な味わいを私たちに感じさせてくれます。
デンマークの色味とは、日本人の綺麗だと感じる色味をLemiさんの器の様に抽出してあらわしたかの様な色味ではないかと考えます。


私は感覚的にデンマークの夕暮れ時の海や空の色をガラスを通して制作しました。写真の水盤の様な紫色の作品です。ロイヤルコペンハーゲンにミッドナイトサマードリームというシリーズがあります。偶然にもこのシリーズの色合いは私の作品と大変合っていました。
形としてシンプルandエレガントなデンマークのデザインだけでなく、色味に着目する事は今後の研究に大切な要素であると思います。



Japanese light could be similar to Danish one. Actually Japanese has much more neutral colors. Because it could be humid in Japan more than Denmark.

Fortunately I was able to drink Japanese Sake using metal cups for Japanese Sake were made by Kotomi Lemi Yoda who joined this exhibition. The cups are amazing. The cups make us feel only good taste which is removed the other bad tastes. The taste is extracted taste.
Danish color is special color that Japanese feel beautiful. It looks like Lemi's metal cups. Danish color is extracted color.

This time I made big purple bowl which was influence from Danish sky and sea during sunset time. There is "Mid night summer dream" series in Royal Copenhagen. It was coincidence that the color of this series is similar to my bowl.
I was surprised. It was truth that I have spent time in Denmark.

It is important for me not only to consider the Danish design of simple and elegant shape but also to consider Japanese and Danish color.






SCANTIPS EXHIBITION 2017





SCANTIPS EXHIBITION 2017






さて、デンマークではアシスタントとして9ヶ月間過ごしました。次の大きな動きは9月から11月までRoyal Danish AcademyへArtist in residenceとして3ヶ月間滞在を予定しいます。

実際は再度2月からまずは半年、必要ならば来年の1月末まで滞在する許可をもらっていましたが、これに合う移民局からのVISAの取得ができず、白紙となってしまいました。大きな原因はやはり移民難民問題にあるような気がします。
しかし、白紙となった事により今後の将来をどのように構築していくのかをしっかり考える良い機会となっていると感じています。


By the way, I have stayed in Denmark as an assistant for 9 months. The next big moving for me will be happened in September. I am going to go into the Royal Danish Academy in Bornholm as an artist in residence for about 3 months.

Actually I was supposed to go there from February 2017 for half year. But I had to get permit to stay from Danish immigration service. And unfortunately I could not get it. I guess the reason why I couldn't might come from the immigrants and refugees issue in EU. My plan became nothing.
But I think it is good time to think about how should I construct my future. 
















ここのところ、地位や名声それに伴う収入に対する考え方が変化し、少し答えが見えてきた気がします。正直、以前は地位や名誉に反発心を抱きつつも憧れていた節がありました。しかし、ガラスを続けたい、消費する人間ではなく生み出す人間であり続けたい、自分や人に一瞬でも夢を届けたい、そのためには何が必要か?というような順序で考えるようになりました。

第一線で活躍している方々からしてみてたら、そんな事は当然だと思うかもしれません。続ける事の難しさ、それを乗り越えるために必要な事の核はとてもシンプルなのかもしれないと恥ずかしながらやっと気づきました。


My opinion about the position and the fame is getting changed recently. In fact I was reacting against the position and the fame but I was longing them at the same time before.
But now I am thinking that I would like to just keep to make glass works, to just keep to be a parson who create something is not just consumer and to a lot of people to see dreams by my works and my actions. Then what do I need to do to come true my thinkings? Sometimes the position, the fame and money could be necessary for my future.
It is difficult to continue to be an glass artist. But I should think simple more.













色々な意味でデンマークでの日々は自分をリセットさせました。
一度自分をぶっ壊したかったので良いのですが、ぶっ壊れすぎました。
技術、感覚、言語、メンタリティ、コミュニケーション。
しかし再構築は必要でした。

枠を作っているのは誰でもなく自分自身である。夢を追うのではなく、夢を生み出し、人に夢を与え、実際に自分も夢をみる。そのために現実があり、現実と向き合う必要がある。今こそもっと頭を使う時、頭を使う始まりの時なのだと思います。
ガラス制作を軸に自分の生き方を創造し、レールを作っていく事は私の人生のタスクです。また、ガラスだけでなく様々な業種の方々と仕事を展開していく事はより自由であり、面白みを感じます。

いよいよ何やら次のステージが顔を覗かしはじめている予感がします。自分の行動を制限するつもりはありませんが、どうやら国外での修行の期間は終わりに近づいてきている様です。

改めて、やはり独立し活動して行きたいという意志が確実に自分の中にあります。そのための準備にはまだしばらく時間がかかりそうです。知識、資金、顧客、技術力など。自分には自分のリズムがあると言い聞かせ、焦らず着実に準備を進めて行きたいです。遠回りかもしれませんが、私にとっては一番の近道なのかもしれません。いや近道かどうかも、もはやどうでも良いのかもしれません。



The time of staying in Denmark made me reset.
 I was getting use to do a lot of things when I was in Japan before coming to Denmark. But I felt that I couldn't do a lot of things to continue a glass artist until die. So I wanted to break me and I want to construct the deep and wide base.
Actually I broke me too much.haha
Especially It is important for me to train mentality now.

People who is making frame and limit is oneself.
I should not pursue a dream. I would like to create the dream. Sometimes I have to think about the reality to create the dream. I should use my brain right now.

My next stage could be appeared a little. Probably to train in abroad will finish soon.  In near future I hope to have my own studio. of course I have to spend long time more to prepare for that yet. For example, I should get knowledges, funds, customers and techniques etc..
My pace could be too slow. But this is my pace. I would like to advance step by step.












ここからがまたスタート!
人生のタスクの始まりです。
これからが面白い!焦らずビビらずテンパらず!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
個展も控えてます。やりまっせ!


Now is the time to restart.
It is very exiting from now!
Don't hurry, hesitate, nervous, scared and upset.

Thanks for reading.
I will do my best!!